【新システム関連】OneDriveを用いたファイルのバックアップについて

新システムへの移行

現在ご利用いただいている情報処理教育システム(情報教育PCルームをはじめ各教室の端末など)は2019年9月に運用を終了し、2019年10月より新システムに入れ替わります。
その際、ホームディレクトリ上の個人データ(Mac端末で保存した各自のファイルや、教育システム上に個人で公開したホームページ)は自動移行されません。

USBドライブや、OneDriveを用いてファイルのバックアップを行ってください。
本ページでは、OneDriveを用いたファイルのバックアップ方法についてご案内します。


※2016年度以前に入学の方に配布されたOCUメール(~~@st.osaka-cu.ac.jp)で作成されたアカウントだとOneDriveに入れたファイルは2020年3月末でアクセスできなくなる為、それまでにファイルをダウンロードする必要があります。
よって、ここに記載している方法は2017年度以降に入学の方に配布されたOCUメール(学籍番号@××.osaka-cu.ac.jp)で作成されたアカウントを使用することを推奨します。

OneDrive Webサイトへのログイン

    1. Safariを開き、情報処理教育システムページ右下のバナーからOCU Mailをクリックします。


    1. Office 365へログインします。サインイン方法の詳細はこちら

  1. 左上のメニューからアプリ一覧を表示し、OneDriveをクリックします。

    バックアップファイルのアップロード

    写真やファイルを OneDrive にアップロードする
    (外部ページ)のOneDrive Web サイトを使うを参考にアップロードを行ってください。

    バックアップファイルのダウンロード

    アップロードされたバックアップファイルは、
    OneDrive や SharePoint からファイルとフォルダーをダウンロードする(外部ページ)の方法でダウンロードできます。
    新システムに移行後は、新しい端末でファイルをダウンロードすることにより、引き続き使用することができます。

    ※ただし、端末のOSがMacからWindowsに変更となるため、Mac端末でバックアップしたデータが新システムでご利用いただけない可能性があります。