【終了】6/5・6/6開催 Mathematica講習会について

本講習会は終了しました。

6/5・6/6開催!Mathematica講習会

Mathematicaを使ってどんなことができるか知りたい、基本的な使い方を学びたいという方向けに無料の講習会を開催します。
受講を希望される方は、申し込み方法をご一読の上受講をご申請ください。
Mathematicaとは、あらゆる分野の計算に対応する豊富な関数と高度なグラフィックス機能を備えた技術計算システムです。
機能等の詳細はこちら(メーカーリンク):Mathematica
Mathematica講習会 開催概要
日時 平成30年6月5日(火)10:00~12:00 演習形式(基礎)
平成30年6月6日(水)13:00~14:30 講義形式(応用)
どちらか1日のみの受講も可能です。
場所 杉本キャンパス 学術情報総合センター9階 情報教育実習室2
対象 本学の教職員・学生
定員 50名(最低開催人数5名)
※1週間前までに最低開催人数に達しない場合は、開講を見送る場合がございます。
講師 ウルフラムリサーチアジアリミティッドの技術者
内容

6月5日(演習形式・基礎)

1. 使ってみよう(コマンド入力・自由形式入力・パレット入力など)
2. グラフィックス(2次元、3次元のグラフィックス・さまざまなグラフィックスの例)
3. 微分方程式(常・偏微分方程式(解析解・数値解))
4. 関数定義・プログラミング
5. データのインポートとフィッティング(Excelデータ・近似モデルの可視化)
6. インタラクティブなプロット作成
7. 画像解析
8. さまざまなデータの取り込み(物理・化学・生命・地学・天体・経済・地理データなど)
9. 機械学習(組込み関数による機械学習)
10. Mathematicaをより活用するために

6月6日(講義形式・応用)

1. 煩わしい手計算はすべてMathematicaにおまかせ!
 線形代数(行列の固有値・固有ベクトル・特異値分解など)
 微分積分、常・偏微分方程式(解析解・数値解)
 整数論、グラフ理論、各種最適化
2. 可視化も簡単!
 2D・3Dプロット、アニメーション作成、インタラクティブなプロット作成
3. データ解析もおまかせ!
 外部データ(数値・画像・Excelデータ・音声など)の取込み、回帰分析
 統計解析(各種検定・ベイズ統計等)
 Wolfram|Alphaとの連携、計算可能な現実世界のデータにアクセス
4. 高度な計算もすぐに実践!
 プログラミング、機械学習(Deep Neural Networkなど)
 グラッフィクス・画像処理、金融工学計算、並列計算
5. クラウド上でもWolfram言語!
 Mathematica Online、Programming Lab、API/Web formの配備、計算アプリ作成

申し込み方法

こちらの「Mathematica講習会申し込みフォーム(ポータルサイト)」から受講申請をしてくだい。

受付期間: 平成30年6月1日(金)15:00まで
※1週間前までに最低開催人数に達しない場合は、開講を見送る場合がございます。
※申し込みは先着順で受付致します。
※準備のため、キャンセルは3日前までにお申し出ください。

Mathematica講習会申し込みフォーム (ポータルサイト)」から受講申請されても、まだ受講の決定ではありません。お返事は、受付後、3日営業日以内に担当よりご連絡致します。

問い合わせ先

学術情報総合センター9階 情報推進課
電話:06-6605-3302
FAX:06-6605-3311
E-mail:sys-ips@media.osaka-cu.ac.jp