Safari が起動しない

不具合

教育研究用情報システムにおいて、2018 年3 月のシステム更新以降、Safariが起動しない事象が発生しております。
ご迷惑をお掛けいたしますが、当該不具合事象の発生時には、下記の対処をお願いいたします。

対処方法

発生している事象によって対処方法が異なります。
該当する事象を確認の上、対応する対処方法に基づき対処を行ってください。
  1. Safariのアイコンをクリック後、ウインドウが真っ白の状態で起動しフリーズする場合
  2. Safariのアイコンをクリック後、アイコンが跳ね続け、起動しない場合
  3. Safariのアイコンをクリックしても何も起こらない場合(アイコンも無反応)

Safariのアイコンをクリック後、ウインドウが真っ白の状態で起動しフリーズする場合

専用ツールを用意しておりますので、実行してください。
(Launchpad > Safari_Reset) 実行後30秒ほどで以下の案内が表示されれば成功です。Safariを起動してみてください。

Safariのアイコンをクリック後、アイコンが跳ね続け、起動しない場合

上例と同様に、Safari_Resetを実行してください。

Safariのアイコンをクリックしても何も起こらない場合(アイコンも無反応)

Safari_Resetを実行するとブックマークが消える場合がございます。
  • ブックマークが消えても構わない方は、上例と同様にSafari_Resetを実行した後、
    ログアウトし再度ログインしてください。
  • ブックマークを残したい方は、5F メディアスタッフまでお問い合わせください。

どの事象か判断しかねる場合や、操作に不安がある方は、5F メディアスタッフが対応いたしますのでご相談ください。